« ドメインの廃止 | トップページ | 日英比較文化論? »

iTunesに変更する

iPod miniの発売延期ニュースにちょっとへこみましたがいい機会なんでMusicMatchをiTunesに変更してみました。これまで使ったMusicMatchは動作が遅い(とくに起動、iPodの認識)、画面表示が乱れる(Takaのマシンがデュアルディスプレイ環境のせいだと思うが)など不満がずいぶんあったので思い切って以下の方法で切り替え。
この二つのソフトはiPodをめぐっていろいろあったのはニュースで知ってましたがじっさいどーなのか興味もあったしね。

MusicMatch
iTunes 4

1:最初に音楽ライブラリのフォルダ名を用心のため変更
(MusicMatchLibrary→iTunesLibrary)
2:つぎにMusicMatchのプログラム削除
3:そのうえでiTunes 4をダウンロードしインストール
4:iTunesを起動させ”ファイル−フォルダをライブラリに追加”を選択、さきほど変更したiTunesLibraryを指定する
5:iPodを接続し、ソース欄に表示されたiPodアイコンを右クリック、オプションを選び『すべての曲とプレイリストを自動的に更新する』を選択
6:あとは更新スタート

ざっと1700曲で20分くらいでしょうか。この方法だとそれまでiPodに入ってる曲はすべて破棄され、あたらしく上書きされますので参考にされる方は要注意を。

このiTunesって奴、なかなか優れものですね。画面もシンプルだし、表示もまったく乱れません。それに起動やiPodの接続・切り離しもいままでにくらべてレスポンス良くてストレスがたまりません。
少し使ってみてとくに気に入ったのはスマートプレイリストと言われる機能です。詳細はリンク先を見てもらった方がよいですが条件を組み合わせることで例えば
『80年代のJ-POPで最近聴いた30曲』
『ROCKで再生回数の多い25曲』
などなどいろんな指定が出来ます。
しかもリストをつくっておくとその条件にあわせてリアルタイムでリストの更新が行われます。むろんiPodと同期するとそのリスト情報も更新されるのですごく便利で楽しいです。
MusicMatchが今後どーなるか知りませんがこれからはiTunesをメインで使おうと思います。

« ドメインの廃止 | トップページ | 日英比較文化論? »

iPod」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/363473

この記事へのトラックバック一覧です: iTunesに変更する:

« ドメインの廃止 | トップページ | 日英比較文化論? »