« 目にピアスかよ | トップページ | バンコク地下鉄にみる日中比較 »

Foretrex 201の4

Foretrex201に付いてるベルトを取り外しました。
購入前はてっきりワンタッチで取り外しができるものと考えてたらこれがはずせない構造。本体とベルトを繋げてる部分はベルト側はミシンでガッチリ縫い込んでありとれません。反面、本体側のベルト取り付けはなにやら金属の棒を通してる感じ。しかし、よーく見ると時計のバンドなんかと同じよーな構造っぽい。試しにカッター差し込んで隙間こじったらあっさり外れました。(^^;
(まあ、試される方は時計屋さんにでも持っていったほうが無難と思いますが)
foretrex201pin1.jpg
山とかではバンドがあると便利ですが自転車ツーリングでハンドルにマウントする場合はブラケットだけで固定は十分なだけにバンドはむしろ邪魔。できればワンタッチで取り外せるような仕様にして欲しいモノです。

« 目にピアスかよ | トップページ | バンコク地下鉄にみる日中比較 »

電脳ガジェット」カテゴリの記事

コメント

マニュアルの4ぺージ目にベルトの外し方と取り付け方が書いてありますが very soft flat head screwdriverとかを使ってはずせ....なんて書いてあって、先が非常に柔らかいねじ回しってどんなんだろう?と不思議に思ってました。

私もForeTrex買ったらすぐ、これはベルトをはずして、手に持って走ったり、スイムキャプに仕込んで泳いだり
http://homepage2.nifty.com/hr_gps/southernbeach.htm
する際、Geko201の更なる小型版として、使えるなと感じてました。

ありゃりゃ。た、たしかに書いてある。
ロクにマニュアルなんて読まないもんで気づきませんでした。
まあカッター使ったのはあながち不正解でもなかったみたいで。。。(^^;

しかし、スイムキャップに仕込むのはスゴイですね。
ジップロック二枚重ねで空気あるなしを意図的に使い分けるなんてアイデアです。
それにGPSの信号ってこれだけいろんなものでカバーされてても受信できてるわけでいつも遮るものをつくらないように注意してましたけどなんか気がラクになりました。

薄っすらとですら、水の層があるとまったくGPSの信号を通さなくなりますからご注意。
オーシャンウォータスイムのレースで支給されたスイムキャップの中にGPSを仕込んで泳いだら、そのスイムキャップが水分を含むタイプの生地だったために殆どログが取れていなかったという痛い経験もあります。

先日、今年の海スイム練習、ぼちぼち始めました。下記ページをご覧下さい。
http://homepage2.nifty.com/hr_gps/2004spring_bike_swim_run.htm

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/442694

この記事へのトラックバック一覧です: Foretrex 201の4:

« 目にピアスかよ | トップページ | バンコク地下鉄にみる日中比較 »