« 新生銀行・キッカケは手数料 | トップページ | やっぱりノートが好き! »

新生銀行・口座開設

昨日の続きですが、振込手数料などの各種手数料を節約するために新生総合口座パワーフレックスという口座を開設しました。
最初はネット上で開設申込みをして書類一式が届くのを待ってました。しかし、いざ届いた書類を見ると本人確認書類が思いのほか厳しく、一般的な組み合わせでは以下の2通必要。
・免許証のコピーと公共料金の請求書や領収書の原本
本人確認書類について
しかし2通の住所が違うと不可。オイラは故あってこの住所が別々なんです。こーなると住民票の写し(原本)とか印鑑証明書(原本)とかが必要で結局は役所いって手数料払って用意することになるわけで手数料節約の趣旨から外れます。でも、直接来店するなら運転免許証のみでオーケーと書かれていたので電車にのって行ってきました。>電車代のほうがはるかに高いのだが・・・

入り口はいるといきなりスタバがお出迎え。一瞬、間違えたかと思った。まっすぐ奥に進むとニュースでやってたように支店長らしき人がカウンターでお出迎え。新規開設の旨伝えると壁に設置してる端末で必要事項をまずは入力して下さいといわれる。しかも、いきなりマックじゃん。(俺、マック使ったことないんすけど・・・)
1ボタンのマウスに悩みながらもなんとか入力終了。すると2Fでお待ち下さいとのこと。2Fにあがると、こじゃれたカウンターとパーテーションで区切られた個室がいくつか。カウンターの美人のオネーさんが「あちらでお待ち下さい」というのだが、その指さすアチラには4人ほどで一杯になるソファとデザイン重視で座り心地サイアクのスチール椅子が4脚ほど。ソファにはオバさん連中が占拠中。仕方なく椅子に腰掛け待つことに。

待ってるあいだオバさんたちの会話がイヤでの耳に。
『むかしはウチにまできてアタマさげたのに。。。』
『えらそーになったもんやねぇ〜〜〜』
『ホンマにつぶれへんのやろか?』

・・・オイオイ(^^;

20分ほど待たされて呼ばれました。
てっきり個室で説明してくれるものと思ってたら、こじゃれたカウンター越しに立ちんぼで説明受けました。サインの登録とパスワードの入力。マニュアルっぽさ120%の説明。その程度の説明ならネット上で調べた方が詳しく分かるのでさっさと書類やカードをもらって帰ることに。

ちなみにオイラは、印鑑ではなくサインで登録しました。(どちらでも可能)
べつにカッコつけるわけでなく印鑑のほうが最近あぶないよーな気がしたからです。通帳も存在しないので既存の盗難や偽造事件には遭いにくいのではないでしょうか?

明日へつづく・・・

« 新生銀行・キッカケは手数料 | トップページ | やっぱりノートが好き! »

ニュース&日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/497955

この記事へのトラックバック一覧です: 新生銀行・口座開設:

« 新生銀行・キッカケは手数料 | トップページ | やっぱりノートが好き! »