« 廃刊雑誌 | トップページ | 直腸触診と検便スティック »

脱走

いやまいった。ふと気づけばアリが一匹足んねぇ。
最初は目の錯覚かと思って(眼悪いんで)散々眼をこらしてもやっぱ四匹しかいない。どーやって逃げ出したのかと不思議に思ってる目の前で二匹目が脱走開始!
なんと、フタに空いてる↓の小さい空気穴?にもぐり込むんですよ。
ant2.jpg

最初っからなんかアリンコ小せぇーなぁ。と思ってはいたけど・・・・まさか通れるとは。
慌てて中に押し戻して、、、、さぁどーする?最初はテープ貼り付けましたが1時間もしないうちになかが曇ってくるんです。
『おお、生きてる証拠、ちゃんと息してるんだなぁ』
なんて呑気に考えてたらそのうちマジ全面曇って様子がサッパリわかんない。おまけに窒息死するかも?と思うと放置もできず悩む。ガーゼをちぎって貼り付けるも結果は一緒。結局、つまようじを写真の如く突き立てて侵入禁止とし、朝晩一日二回フタあけて内側の水分をふき取り、空気を入れ換えるという極めてペット的お世話をする羽目に。
なんでやねん!(^^;

« 廃刊雑誌 | トップページ | 直腸触診と検便スティック »

ニュース&日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/611770

この記事へのトラックバック一覧です: 脱走:

« 廃刊雑誌 | トップページ | 直腸触診と検便スティック »