« パンク知らず | トップページ | 廃刊雑誌 »

アントクアリウム

antspak.jpgANTQUARIUMが届きました。
パッケージ内容は写真のように本体、アリ入りケース、取扱説明書、穴掘りスティック、ってところです。
さっそく準備開始。まずはアリの数を確認。五匹入ってる。思ったより小さいアリです。同封のアリの取説には
和名:クロクサアリ
学名:Lasius nipponensis
分布:北海道、本州、四国、九州
特徴:体は黒く、光沢がある。アブラムシを牧畜し甘露をもらう。

ってあるけどマジですか?

スティックで本体内のジェル上に1センチ弱の穴を掘る。
それからアリを移しましたがこれは苦労しました。手で掴むわけにいかへんし、むろんジッとしててくれへんし、、、、なんとか無事に移しおわってフタをして終了。

スタート当初、アリたちはてんでバラバラ。ジッとしてる奴、やたら動き回る奴、さまざまです。
15分経過:オイラの掘った穴の中に全員集合。ジッとしてます。
30分経過:穴掘る雰囲気は皆無。
1時間経過:ね、ねむい。オラもう寝るだ。
 ・
 ・
 ・
4時間経過:あらら、巣穴掘り始めてるよ。アリって深夜型?
しかもオイラの用意した穴は完全無視。いちばんハジっこから掘り始めてやがる。この野郎。

よくよく観察すると、
一匹は一心不乱の働き者。
三匹は掘ったり、休んだりの繰り返し。
最後の一匹は、、、、シゴトせんかぁぁぁーー!(^^;

なんかどっかの会社のどっかの部署をみてるよーで複雑な気持ちになってきた。

« パンク知らず | トップページ | 廃刊雑誌 »

ニュース&日記」カテゴリの記事

コメント

わはは!笑わせてもらえました!アリの中にも働き者とちゃっかり者がいるようですね。人間社会の縮図を見ているようで、面白そうです。巣の入り口も好き嫌いがあるんですね。日当たりの具合でも違ったのかな?続報楽しみにしてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/601222

この記事へのトラックバック一覧です: アントクアリウム:

« パンク知らず | トップページ | 廃刊雑誌 »