« 台湾が羨ましい? | トップページ | 関節痛 »

お客様は神様ではないが。。。

個人的なハナシだがオイラはPDAやらの電脳ガジェットが大好きだ。好きだから当然詳しくなる。詳しくなると楽しくもなるけど買い物がつまらなくなる。なぜか?
ショップスタッフでオイラより詳しい人が誰もいないのだ。東京などの大都市なら更なるプロがわんさかいるはずだが地方都市ではたいていいない。だからごく希に(全ての買い物に言えることだけど)頼れるショップやスタッフに巡り会えたときの嬉しさはひとしおだ。少々モノがよそより高くても平気だし、取り寄せに時間がかかろうとも待つこともできる。そこで得られる知識や充実感はなにものにもかえがたいからだ。ところがようやく見つかったそーゆーショップやスタッフに裏切られた、ウソつかれた、騙された、と感じることがあるとまさに

『可愛さ余って憎さ百倍』

自分には『いい商品ですよ』と説明したモノを別の客には『アレはダメですね・・・』などと説明しててもオイラはどうと思わない。セールストークとしてはどうしようもなく下手くそだがそれくらいアリだからだ。
しかし『Takaさん、特別お安くしますよ』と勧められて買ったものが安いどころかメーカー希望小売価格そのままだったり、それ以上に高かったりするとオイラはダメだ。許せない。
いくらで仕入れていくらで売るか?それはショップが決めることだ。扱う商品が同じでも業態が違えば実売価格が違うのもわかる。「ネットだといくらだよ」なんて野暮を実店舗でいうつもりもない。けれど信頼してるショップだからこそセールストークにウソや誤魔化しが入るのは我慢ならない。

いまはありとあらゆるモノの情報がネット上に氾濫してる。ほんのすこし手間さえかければオフィシャルなメーカー情報から実勢価格、市場での在庫状態、リコール情報、新製品情報、ユーザーの生の声、リーク情報、、、、いろんなことが手に入る。

『お客様は神様です』

これはエンターティメントの世界でのハナシだ。
「俺は客だから」という態度ありありでいる客ほど貧相な人種はいないと思う。と同時に「どうせなにも知らないだろ」とタカをくくって平気でウソをつくショップはもっと貧相でみっともない。そんなのとっくにお見通し!

« 台湾が羨ましい? | トップページ | 関節痛 »

ニュース&日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/1936455

この記事へのトラックバック一覧です: お客様は神様ではないが。。。:

« 台湾が羨ましい? | トップページ | 関節痛 »