« 4人に1人が | トップページ | オイルヒーター »

シンクパッドよ永遠に

IBMのPC事業売却のニュースには驚いた。と同時に失望した。あのThinkPadブランドもまさに終焉だな・・・と。すでに生産拠点が中国(たしか深セン)に移ってるとはいえ経営まで大陸者の手に渡るとは。

IBMのPC事業売却交渉――焦点は中国市場とThinkPadか
IBMとLenovo、PC事業で合弁へ。ThinkPadは継続か

『この売却交渉が成立すれば、LenovoはPC業界の宝石ともいえる重要な製品--高い人気を持つIBMのThinkPadを手に入れることにもなる。』
(リンク先より抜粋)

君らが磨いたらせっかくの宝石がキズまみれになっちまうよ。。。


オイラの手元にはOS/2Warp搭載のThinkPad530CSがいまだにある。すでに購入してから9年以上経過したマシンだ。むろんいまは使っていないが都合5年近く使ってきたにもかかわらずいまだほとんどガタがきていないのには驚かされる。キーボードにへたりもないし、液晶の開け閉めにも問題がない。ずぅーーっとあとで買ったVAIO 505ESがすっかりガタガタでキーボードへたりまくりなのとは対照的(実働3年でガタガタ)。

中国企業を悪し様に言うつもりはないが少なくとも工業製品の精度の高さでは日本や欧米にはまるっきり届いてないことは確か。コストの安さから製造拠点になってるうちはThinkPadの本当の良さを引き継ぐことなど不可能でしょう。
じっさい中国生産のThinkPadは使いたいと思いませんでした。微妙に違うんです。ちなみにいま使ってるのはPanasonic CF-R3。だってこれ国内生産だもん。(^^;
松下電器産業“神戸工場”レポートなんてのもある。

« 4人に1人が | トップページ | オイルヒーター »

ニュース&日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/2186214

この記事へのトラックバック一覧です: シンクパッドよ永遠に:

» IBM、PC事業を中国のLenovoに12億5,000万ドルで売却 [笠岡はじめ・ドットコム・千日修行挑戦中]
 米IBMは7日、PC事業部門を中国の大手PCメーカーである聯想集団(Lenovo)に売却し、PC事業の新会社を設立することで最終合意に達したと正式発表した。 ... [続きを読む]

« 4人に1人が | トップページ | オイルヒーター »