« 3100用ケース | トップページ | PPTPクライアントで着信接続 »

samba自動起動

土日当番で出勤中〜
シゴトしつつ、リナザの設定をいぢる。
しかし社内LANに繋げないとどうにも使い勝手が悪い。いちいちUSB接続でザウルスドライブってかなりメンドー。ってゆーか動きやや不安定。大丈夫かいな?

と思いつつザウルスドライブ切ったらいきなりPCごと落ちたぁ?!


#ぎゃぁぁぁぁーーーー!


4時間分の書きかけプログラムが・・・(号泣)


いくらなんでもシャレならんのでUSB接続は止めて、替わりに社内LAN経由で繋げることに。
smb.confnetwork.optsを書き換えてLANカード差し込んだらsambaが自動起動してPCから社内ネットワーク経由で繋がるようにしました。

【network.optsの変更】
start_fn () {
if [ -f /var/lock/samba/smbd.pid ] ; then
pid='pidof nmbd'
if [ "$pid" = "" ] ; then
/etc/rc.d/init.d/samba stop
/etc/rc.d/init.d/samba start
fi
else
/etc/rc.d/init.d/samba start
fi
return; }
stop_fn () {
/etc/rc.d/init.d/samba stop
return; }


【smb.confの変更】
interfaces = usb0 eth0 192.168.129.0/255.255.255.0 localhost


PCから弄りたいのでrootを共有フォルダに設定。
↓をsmb.confへ追加
[root]
comment = root dir
path = /
short preserve case = no
read only = no
guest ok = yes
force user = root


でもこれだとオイラ以外のユーザーからも全部丸見え。
そらマズイだろということで、
”hosts allow = 母艦のIPアドレス”
ってのを書き加えたんだが何度やっても丸見え状態。
1時間くらい悩んでふと気づく。(シゴトはどこいった?)

”host allow =”になってやがる。(x_x)☆\(^^)バキ

というわけで直したら無事成功です。
これで不安定だったUSB接続から半分はオサラバできます。残る半分はLAN経由でのIntellisyncとザウルスショット。PPTPクライアントいれて着信接続できるようにしないと。このへんはまたこんどにしよ。

« 3100用ケース | トップページ | PPTPクライアントで着信接続 »

LinuxZaurus」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/5673727

この記事へのトラックバック一覧です: samba自動起動:

« 3100用ケース | トップページ | PPTPクライアントで着信接続 »