« esのケース | トップページ | PocketOutlookメールをメインにします »

W-SIMデータ移行

esになって一番?うれしかったのはW-SIMへ連絡先データを書き込めるようになったことかも。
(以前は読むしか能がなかったからね・・・)

オイラTTとDDをもってます。
ほとんど使ってないんですがその最大は理由は電話帳データがどこからも書き込めなかったこと。PCと接続する手段ももってないしminiSDスロットがあるわけでもなし、あのチマチマした10キーで200件以上の連絡先を書き込むのは無理というものです。
というわけでesの連絡先(つまりPCのOutlookの連絡先)をW-SIMに書き込み、TTで見てみました。


Wzero3eswsim1まずは転送ツールを起動
最大700件なら余裕です。
そんな友達多くないし。(^^;


Wzero3eswsim2W-SIMに書き込む場合は下の書き込み開始ボタンをクリックね


Wzero3eswsim3同期をとるという考え方じゃないんですね
削除しちゃうんだ

 

書き込み自体はものの数十秒でお終いです。
さて書き込んだW-SIMをTTへ差し替えてみると。
見事成功!?
あれれ?なんか微妙に件数が減ってます。
どこで失敗したのか分からないのでようやくここでマニュアルを開くことに。
するとなんとフリガナのないデータは移行できないことが判明。


以下、マニュアルから抜粋した主な注意点。

・フリガナは必須
・700件以上の場合は数字→アルファベット→カナの順で先頭から700件
・W-SIMへの書き込みはそれまでのデータをすべて消去する
・書き込み対象項目は
名前、フリガナ、自宅住所、webページ、
電子メール、電子メール2、電子メール3、
誕生日、PHS、携帯電話、自宅電話、勤務先電話、
自宅FAX、自宅電話2、メモ

・ただし、電話番号の項目は最大3項目まで
その優先順位は、PHS→携帯→自宅電話→勤務先電話→自宅FAX→自宅電話2

(さすがにPHSが優先順位イチバンなんだね)


といったところです。
そして一番残念なのはグループ分類が移行できないこと。
TTにも写真のようにグループ分けできるように項目はあるのにそこは無視され、移行データすべてがグループなしで登録されちゃいます。


Wzero3estt

 

大幅に使いやすくはなったのはたしかですけど、
いちばん使い慣れたインターフェースが使えないなんて・・・・

« esのケース | トップページ | PocketOutlookメールをメインにします »

W-ZERO3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/11270433

この記事へのトラックバック一覧です: W-SIMデータ移行:

« esのケース | トップページ | PocketOutlookメールをメインにします »