« ドコモの黒苺は青天井すぎる | トップページ | デスクトップの消費サイクル »

アドテック・AD-HSM10TI

やっと届きました。

アドテック・AD-HSM10シリーズ

型番みてもわかるようにチタンカラーモデルです。
(素材がチタン。なわけでないよーな気がする)
つーかチタンカラーって黒なのか?
そこんとこ微妙・・・

気を取り直して。


Adhsm10ti


いやぁー小さい小さい。
カナルタイプの補聴器サイズまであと一歩だね。そのうちCICタイプまでちいちゃくなったらおもろいけど。(^^;


まずは覚え書き。

ペアリング:通話ボタンの長押し(LEDが赤と青の交互点滅するまで)
パスキー:0000
電源オン:通話ボタン長押しで青LEDが4回点滅
電源オフ:通話ボタン長押しで赤LEDが3回点滅
スタンバイ:青LEDが10秒に一回点滅
ローバッテリー:赤LEDが10秒に一回点滅
充電中:LED赤点灯
充電完了:LED消灯
音量調整:音量ボタン(+-)
ボイスタグ:通話ボタンの短押し
リダイヤル:通話ボタン2回短押し
着信拒否:コール中に通話ボタン2秒押し

HSP(Headset Profile)とHFP(HandsFree Profile)に対応。イーモンとペアリングさせるとHFPとして機能します。わざわざHSPでペアリングさせる必要はないと思います。

以下比較ショットなど。

 


Adhsm10ti01

パッケージ
ブリスターっぽくみえますが違います


Adhsm10ti02

内容物
ACアダプタ、クレードル、本体、イヤーピース、取説


Adhsm10ti03

ボリュームボタン側


Adhsm10ti04

イヤーピース側


Adhsm10ti05

充電台


Adhsm10ti06

載せたらこうね


Adhsm10ti07

充電台裏側


Adhsm10ti08

充電中です


Adhsm10ti09

Nokia BH-700との比較


Adhsm10ti10

サイズ比較(横)
Nokia BH-700、Discovery 640E、AD-HSM10TI


Adhsm10ti11

サイズ比較(裏)
Nokia BH-700、Discovery 640E、AD-HSM10TI

 

現在充電中。
使用感、装用感なぞは後日。

« ドコモの黒苺は青天井すぎる | トップページ | デスクトップの消費サイクル »

電脳ガジェット」カテゴリの記事

コメント

こんにちはです。

遅ればせながら私もこれ、いいなぁと
思ったのでアマゾンで注文、10日近くかかってやっと到着しました。

が、充電出来ないんでばらしてみたら、
中で配線かみこんで断線してましたです。

自分でばらして治したんですけど、
3端子レギュレータとDCジャックが
露出してしまって、ちっとも
スタイリッシュじゃないです(笑

いたたたた、、、
これは酷いですね。
あらためて自分のを再確認。大丈夫のよーですが、、、、長く使うとどーなるかわかりませんね。
気をつけよっと。(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/41781164

この記事へのトラックバック一覧です: アドテック・AD-HSM10TI:

« ドコモの黒苺は青天井すぎる | トップページ | デスクトップの消費サイクル »