« Microsoft Arc Mouse | トップページ | LA CUVEE MYTHIQUE ROUGE »

パケット制限について

いまさらネタなのは承知してる。
すでに言いたいことの大半を同志たちが代弁してくれてるのでこまごま言う気もないがやっぱり一言いいたくなったのでエントリ化させた。


そもそも極端なパケット消費、帯域の占有にはそれなりの制限はあってしかるべきだと思ってる。資源は無限でなく有限なのだから。ただ必要なインフラ投資をせずユーザーに不便を強いておきながらこの施策は酷いなとおもう。

いわずとしれたソフトバンクモバイルだ。


Packetlimit
各キャリアが実施する、パケット通信の速度制限より抜粋した。


一見すると300万パケットで横並びに見えるがじつは大違い。
auは通信速度制限がEZwebだけでPCサイトビューアーやEメールなどは制限対象外らしい。しかも制限時間帯も夜間の一部だけだ。
ドコモは直近3日間だからよほどの使い方をしないかぎり大丈夫だろう。
たいしてSBMは時間帯関係なしで利用アプリも関係なしだ。iPhoneなどの場合1000万パケットと上限値が増やされてるがiPhoneで1000万パケットなんてさして余裕のある数字じゃないのは使ってる人がいちばんわかってるだろう。1日平均に直したらたったの40MBだ。iPhoneにおいてクラウドが一般的になってるのにこの数字はいかがかと思う。

300GBのイーモバイルはさすがとしか言いようがない。

 

ちなみに先月のオイラのパケットは250万ちょっとだった。ただこれはあまり使わなかったなぁと実感したうえの数字。
(忙しくていじってる時間ない&WC3Gがある)
モデムがわりに使うといった特殊な使い方(特殊だということ自体が本来おかしいのだが・・・)しなくても1000万パケットというのは到達してしまう数字だと私は思います。


インフラ投資を渋ってるくせにそんなギリギリラインで線引きするスタンスが大嫌いです。

« Microsoft Arc Mouse | トップページ | LA CUVEE MYTHIQUE ROUGE »

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

同感デス。

Takaさん、お怒りごもっともです。でもそんな中で、iPhone大好きにとっては、SoftBankしか選択肢がないのが悔しいですbearing。どうにかならないものか??

同意いただけてなによりです。www

いやあ、つくづくアメリカに住んでいて良かったと
思いますね。アメリカではパケットなんてけちな料金
体系はありません。すべて無制限か 月5GBのダウン
ロード料金となっています。
これではとても日本に帰った時にデータサービスを
受けようという気にはなりませんね。
いったいいくらふんだくられるのか??

ソフトバンクが進出してきたときコトバ通りの「使い放題」プランってのを出してくれるんじゃないかとひそかに期待した自分がいました。
いま考えれば幼かったですね。www

いやあ、2010年になったらすこしは変わるのかも
しれませんよ。世界的に3.9Gと呼ばれるLTE技術が
実用化されて日本ではドコモですがアメリカでは
Verizonそしてヨーロッパでは親会社のVodafon,
傘下の中国や韓国も実用化されます。速度は最低
300Mbだそうです。すくなくともアメリカとヨーロッパ
ではiPhoneのLTE版がVerizonとVodafonからでると
もっぱらの噂です。日本ではドコモになるのかな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/46367265

この記事へのトラックバック一覧です: パケット制限について:

« Microsoft Arc Mouse | トップページ | LA CUVEE MYTHIQUE ROUGE »