« iOS4.3.3 アップデート | トップページ | iPadにマルチタスクジェスチャー »

役人による役人のための日曜大工

あのね。情けなくて笑いました。


防災モニタリングロボット。
通称、モニロボ。

文部科学省原子力安全課・防災ロボットの開発
2億円ロボ役立たず 福島原発事故 がれき上の走行「想定外」


Monirobo


金額はええんや。
そんなん気にせーへん。
情けないんはその設計仕様や。

デザインのカッコ悪さはさておき。
台車部分にモジュール化された各機能を災害状況に応じてフレキシブルに搭載できる仕様かと思ったらこんな状態。


Monirobo1


ただのネジ止めかよ。
しかも丸裸。
活動中に余震発生。
なにかが落ちてきて照明やカメラに直撃ぃぃぃぃ。
えと。。。あとはどーすんだ?おい?


それにね。
これはなに?


Monirobo2


モニタリングロボットなのになんで一般測定機器をそのまま搭載する必要あるねん。
センサー搭載でデータ送信処理でええやんけ。
人が立ち入れないところの活動なのにだれがその計器表示みるねん?

もしかして?カメラに映してみるとか?wwww

手作り感満載のアクリル板とテンションベルトが泣けますわ。
こんなアホなことしとるから600kgという超重量になるんや。
実際にフクシマの現場で活動してるのはアメリカから無償提供してもろた機材で重量35kg。なんなんやこの差は?


そもそもそんな重さで災害現場で動けるんか?
ああ、舗装された整地しか走行でけん仕様やったな。
スマンスマン。忘れとったわ。メンゴメンゴ。


搭載マニピュレータの目的には
「サンプリング、障害物排除など。。。」

えーと、障害物あると走行できないのに障害物排除?
ああ、ゴメンゴメン。
自ら排除して整地できるから不整地走行は考慮にいれてないと。φ(..)メモメモ

ちなみにマニピュレータ可搬重量は10kgまで。
本体600kgなのに動かせるのは10kg。

ふーーんん。

つまり紙の資料がつまったダンボール箱一個おちてればミッション終了だ。


まっ、だいたいにして段差や溝の乗り越えが30センチまで。
登坂角35度でバンク角20度までらしい。
つまり施設内に侵入して調査する場合、フロアの移動は平面、またはスロープ状で障害物のない床でないとダメ。階の移動には急階段は使えず使えたとしても荷物や瓦礫が散乱してないこと前提。エレベーター厳守ってことね。
(でも図体でかいから小型エレベータには搭乗できない)

そうそう。
バッテリーの有効駆動時間はおおむね1時間らしい。
走行速度は最大分速40m。
ってことは1km先の現場に投入するのが限界か。


誰が設計したねん?orz

« iOS4.3.3 アップデート | トップページ | iPadにマルチタスクジェスチャー »

ニュース&日記」カテゴリの記事

コメント

日本の法律のせいで 計測器などはケースを変えるだけで再度認証を取り直さないといけなかったり 電波法と同じでめんどくさいことが多いのです。
だからこういった機器をそのまま載せたりするわけですが 技術の方は必ずしも納得しているわけでなかったりするわけです。
ケースなんかも耐圧ケースなんて いくつも認可でないから大きめのケースの使いまわしは当たり前。
もう少し何とかならないのかと思いますけどね。ちなみに海外用には結構面白いものも出しているんですよ(笑 

なるほど。
法律の壁とそれにともなうコスト問題は見落としてました。
けどまあ現場でこれっぽっちも役に立てなかったのは論外でしょう。
もっともそれすら「想定外」「仕様に明記されてなかった」で議論は終わっちゃうんでしょうね。

それにしても日本メーカーが海外向けにはけっこう面白いものを出してるってのはどこの業界も同じですね。つくづく「官」が足引っ張ってるなと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19756/51614465

この記事へのトラックバック一覧です: 役人による役人のための日曜大工:

« iOS4.3.3 アップデート | トップページ | iPadにマルチタスクジェスチャー »